お客様レビュー1 香川県T様

 

おはようございます。

当店にとって記念すべき第一号となるお客様から、ありがたいレビュー投稿をいただいたのでご紹介します。

※正確には当店へ投稿をいただいたのではなく、お客様自身のブログで投稿されている内容の一部を許可をいただいた上で転載させていただいております。

 

Motorhome Photo Blog – わた様

ご自身でもキャンピングカーを所有して様々なところへ旅に出かけられています。
中でもデュカトベースのキャンピングカー情報の収集には力を入れられており、私も知らないことが多々あるので非常に勉強になります。

 

それでは、許可をいただいたレビューの一部をご紹介します。

 


 

なんとこの度、大変良いタイミングでデュカトベースのキャンピングカー「ローラーチーム リビングストーン5 プレステージ」をお借りする事ができました!
3月からレンタル開始の新しいレンタルキャンピングカーショップ「瀬戸内キャンパーズ」さんが広島で事業開始されまして、私がお客第一号?らしいです。

個人的な話ですが、仕事の山を越えて連休が取れたもので、新しいデュカトのレンタカー出てないかな~と何気なく検索したら出てきたんです。もう行くしか。
バリバリの新車ですよ。
一番好きなリビングストーンが借りられるとは…しかも新車…いいんです?

 

当日は架装部分及び、車両部分について丁寧な説明を受け、それから必要書類に記入し、車両を借り受けて出発となります。

慣れない車両で事故しては怖いので、オーナー様に教えて頂いた行きやすそうなキャンプ場へ向かいます。
サイトトップページの写真に使われているロケーションを真似てしまいます。

さてさて、バンコンタイプのデュカトは初めて運転します…
キャブコンタイプに乗った時はもう車幅感覚が掴めないし、リアも長くて感覚が分からず、背中に汗をかきながらの運転でしたが、さてバンそのままのデュカトはといいますと、
うーんめっちゃ乗りやすい!

意外に乗りやすいとオーナー様に教えて頂いていたものの、やはりでかい車で不安もあったのですが、乗り始めるとアレレ、フツーな運転感覚だ
ちょっと拍子抜けするぐらい。
これは気軽に乗れますよ、ホント。
それに社外品のリアカメラをルームミラーに設置し、更に左タイヤを確認できるモニターを備えているので、死角のカバーはバッチリです。ありがたし。

バッチリ!
中華製との事ですが、すごく画質がいいですよ。最近の製品は品質が高いなー。

さて、一時間ちょっとの走行でサクッと現地に到着です。
今回のキャンプ地はドルフィンファームしまなみ。
https://www.df-shimanami.com/

写真撮ったら一旦昼寝します。極楽

火を熾してワインを置いて準備完了。
この日はもうただ飲む事にしてましたので、料理はありません。

完全に脱線しますけど、この箱ワイン便利でいいんですよね。瓶のゴミが出ないし、たくさん入ってるし、蛇口がついてるので注ぎやすいのです。
飲みすぎちゃうんですけどね。

オーニングの下から日が落ちるのを眺めます

まったりしているうちに暗くなっていきます。

さて、日が暮れてからのキャンプ模様につきましては、ただひたすら薪をくべつつワインを飲むだけだったので割愛致しますね。
それにしても好きな車を横目にお酒を飲む幸せ。
ますます欲しくなる~。

現行型の目力が好きデュカトのいいところは便利なだけじゃなくてかっこいいところですね。
いえ、個人的な感想ではありますが、バンとしては迫力もあり、顔つきも好きなんです。
そこまで好きって事がなければ、そこまでデュカトにこだわらなくともキャンピングカーの選択肢はいっぱいあるんですけどね。

さて、説明頂いたリビングストーンの設備の一つ、車体サイドのエントランス照明です。
これだけでランタン要らずです、とはオーナー様のお話でしたが、全くその通りで周囲が真っ暗になっても暢気にしていられる明るさです。
いつもならランタンであちこち照らしながらでないと何も見えないのに…。
思った以上に便利です。

それに車内のトイレも使って良いので、暗い中ランタンで照らしながらトイレに行かなくてもいいわけです。
繰り返しますが、バンコンの機能としては期待以上ですよね。

さて、屋外の話はこの辺りにして、室内に移ります。

実は私の好みとしてリビングストーン プレステージの内装カラーはちょっとそんなに…アドバンスの方が好き…というところがあったのです。
しかしながら、実際使ってみると温かみのあるウッドカラーが落ち着いて大変良いです。
アドバンスのホワイトアッシュ系カラーもいいんですが、明るすぎるかも。

箱ワインも持ち込んで晩酌体制バッチリです。
なにしろ常設ベッドですからね。
夜も遅いしベッドメイキングしなきゃ…みたいな、この後を思うとメンドくさ、というのが無くて良いです。
それと、その他にいいねーと思ったのは、
カセットガスのコンロ、火力十分
蛇口からの水の出もかなり良いです。

キッチンに100vコンセント発見!
いい事ばかり書いてますが、正直私の車中泊車が寝れたらいい…ぐらいの設備しかないので、比べるとどうしても、ですね。
あえて一つ気になった事とすれば、ダイネットシート(上記内装写真の二枚目)が垂直にそそり立ちすぎてて、クッションが無いとリラックスできないというところでしょうか。
これ、内装としてはクッションで我慢できますが、乗車定員として数えるのであれば、正直結構辛そうなような。
ダイネットに座った状態での走行を確認してないので想像ですが、少し気になりました。

次はシェードの紹介。

やはりデュカトのキャンピングカーであれば、カーテンじゃなくて専用シェードを試してみたかった!
実は借り受ける際に、これが例の…と内心興味津々でした。
このジャバラ状のシェードが運転席周囲だけでなく、スライドドアやリアゲート、果てはルーフベントにまで統一されております。
これが大変遮光性が高いんです。
外からも、中からも全く光が漏れません。プライバシーが完全に確保されています。
カーテン式だと何か引っ掛けて隙間が出来てしまったり、うっすら光が漏れたりしますけど、この備え付けのシェードはかなり良いモノですよ。

写真の時系列が前後しますが、ルーフベントはこんな感じですね。
話が飛びますが、この天井からの明かりがあると全然車内の明るさが違いますね。パーッと明るく感じます。
以前乗った別の車種ではこうしたクリア窓付きのルーフベントが無かったので、照明を付けなければ室内は洞窟みたいな暗さでした。
この明るさだけでも体験すべき!

まだあります。

メインコントロールパネルと、すぐ隣はヒーターボイラーのスイッチです。
トルマのヒーターでしたが、なかなか自然な暖かさで良かったです。
私の車のべバストヒーターは効きすぎて…汗をかくほど暑くなるか、止めるかというぐらいですから。
もちろん車が小さいせいだと思うんですが、結構辛い。

デュカトぐらいのサイズですと程よく調整できるのか、ほんわり暖かい温度がキープできて、すこぶる快適でした。
気になる点としては、温風吹き出し口があちこちにあり、気を付けたつもりでもうっかり吹き出し口前に物を置いてしまうかもしれません。
結構吹き出し口直後の温度は高いので…ガス缶やライター等を置くと危険かも。
内装で目に付いたのはこんなところでしょうか。
内装材の質感等でちょっと価格を抑えめにしている風なところがある様ですが、それでも全然高品質。
細かい気配りで色々紹介しきれない「ほぉ~」な点がたくさんありましたし、これだけ配慮されての価格を考えると、かなり…お買い得では?

室内紹介は以上ですね。
この夜はこの後ちょろっとお酒を飲んで、キャンプ場の簡易シャワーを浴びてからベッドに入りました。
余談ですが簡易シャワーは水着で入る為の設備と思われます。
使っていいとは言われましたが、服を着て行っても脱いだ服を置く場所が無かったので戸惑いました…。
次回訪れる事があれば何らかの工夫が必要かな。

翌朝はかなりの雨
ちょっとだけサイドオーニングを出したままにして寝たのですが、夜中に雨音で目が覚めて慌てて畳みました。
これダメなんですよね。
出しっぱなしのオーニングが朝起きたら壊れていたとかあるあるらしいです。
反省。

最後は一通り撤収作業をしてから、車内に戻ってゆっくりコーヒー等頂いてから帰路につきました。

雨中の高速道路も特別怖い思いをする事もなく、今回はとにかく乗ってみたかったという主目的も達成されましたので、あまり寄り道せずに早々に返却させて頂きました。
いつか乗ってみたいという思いが叶えられて大変うれしい気持ちです。
瀬戸内キャンパーズ様ありがとうございました。

引用:Motorhome Photo Blog

新車のレンタル輸入キャンピングカーで一泊!その1
新車のレンタル輸入キャンピングカーで一泊!その2

 


 

さすがキャンピングカー乗り!楽しみながらも的確なチェックポイントとコメントが素晴らしい!

というのが少し上から目線のようで大変恐縮ですが、率直な私個人の感想です。

このようなご意見・レビューは勉強になりますし、 自分では気付いていない点もありましたので随時改善していきたいと思います。

わた様、この度は本当にありがとうございました!!

 

Special Thanks to “Motorhome Photo Blog